ENGLISHJAPANESE

EYESCREAM.JP – For Creative Living

info
こちらのページは2014年12月15日以前に作成された記事の為、旧デザインで表示しています。EYESCREAM.JPの最新記事はこちらからチェックを

Katagiri Takanori片桐孝憲

ガイアナ共和国に釣りに行ってきた

ガイアナ共和国のエセキボ川に釣りに行ってきました。
今回の釣り場は最短でいっても移動だけで2日かかります。
成田空港→ニューヨーク(アメリカ合衆国)12時間30分
ニューヨーク(アメリカ合衆国)→ポートオブスペイン(トリニダード・トバゴ) 5時間
ポートオブスペイン(トリニダード・トバゴ)→ジョージタウン(ガイアナ共和国) 1時間10分
そしてジョージタウンから1時間くらいセスナに乗って現地。
さらにセスナの飛行場がある場から川をボートで1時間ほど乗って、キャンプ地(釣り場)につきます。
乗り物に乗ってる時間だけでなんと20時間40分!!!

0B9A2085

これがキャンプ地。ここで5日間、釣りをしました。もちろんボートで上流や下流に行ったりしながら。長い時では釣り場までボートで2時間くらい。

 

0B9A2100

ワニの骨が置いてあった。ワニは昼でもよく見る。夜は川にライトを当てるとよくいるので珍しいわけではない。

 

0B9A2114

テント生活。テント生活といっても現地の人がガイドをしてくれたり、料理や弁当を作ってくれます。
料理を作ってくれたのはこのテルマ。

IMG_1894

ジャガイモと鶏肉を使った料理とか。こんな感じの料理がメイン。

 

0B9A2220

ガイドのマーク。外が真っ暗になってもボートで激流を走れるし、亀の卵を見つけるがうまい。

0B9A2221 0B9A2222 0B9A2224

P1010833

ピンポン玉みたいな亀の卵。これは茹でて食べた。かなりパサパサしている。

 

IMG_1908

IMG_1906

まず一番最初に釣れたのはこのアロワナ。一緒に行った友人たちはアロワナの刺身を食べたらしい。

 

IMG_1914

このアロワナを餌にしてピラルク釣りに向かった。

 

0B9A2253

ガイドのマークがくれた針。こんな丸っこい針のほうが良いらしい。

 

0B9A2151 2

ピラルクのポイント1。狭めのポイント。ピラルクは空気呼吸ができるので息継ぎのためにたまに水面にあがってくるのでそれを見てピラルクを探す。この場所は見つからな方ので広いポイントへ移動。

0B9A2189 2

ここは広すぎて絶対釣れないだろうと思いつつ、暑いし、そんな面白い釣りではないので早く釣って、別の釣りをしたいなーと思っていた。

 

IMG_1926

エサの回収中に釣れてしまった。バンコクの釣り堀で釣ったピラルクと違って、金色で本当にキレイだった。

 

あとはナマズは、レッドテールキャットフィッシュ、ジャウー、レオパード。

淡水カマスのビックーダ、ピラニア、ピーコックバス、パクー、エイが釣れた。

0B9A2236

レッドテールキャットフィッシュ。

0B9A2266

 

レオパード。これは食用としてもうまいので釣ったらキープ。夜飯が次の日の弁当になる。

IMG_2211

ジャウー。ヌメヌメがすぎて何回洗ってもこのTシャツにヌメヌメのあとがついてる。(今でも。)

IMG_2032

 

ピーコックバス。トップによく出てきた。岩場の浅瀬によくいる。ボンバダ!

IMG_2225

ピラニア。

IMG_2246

怪魚ハンター小塚拓矢のルアー”bigot”で釣れたビックーダとピラニア。

P1020138

ナマズのエサにするためにパクーを釣ろうということでマークが森にはいって取ってきてくれたエサ。

P1020156

そして釣れたパクー。

IMG_2054

夜にキャンプ場の砂浜からWHOPPER PLOPPER130(LIVER2SEA)を投げてペーシュ・カショーロ(payara)が釣れたのは嬉しかった。

11042670_10152877080308682_4991765469280884037_n

置物にするためのカショーロヘッドを乾かす作業。臭い。

P1020113

ナマズのエサ。ピラルクもこんなかんじで釣る。

P1020117

ショアからナマズを狙う。

IMG_2337

一緒に行った人がカショーロの浮き袋で釣ったワニ。大暴れしたけどロープで10人くらいで引っ張った。

P1020365IMG_2120

一緒にいった塾長が釣ったワニ。ワニは口を開く力は弱いので口を抑えれば危険度がかなり下がる。

P1020368
リリース時にヒモを解いた。このあと暴れて現地の人が噛まれた。(軽傷で済んだ。)

 

P1010873

僕たちの弁当の残りを盗み食いするカニ。

P1020211

ピラニアに破壊されたルアー。

 

P1020255

釣り人の孤独を癒してくれるのはジャックダニエルだけ。釣り人はジャックダニエルに抱かれて眠る。

 

0B9A2283

ガイドのマークの息子(イーブン)。

0B9A2296 0B9A2297 2                IMG_2042             P1020010

 

 

P1020835 P1020844

この旅に誘ってくれたセイヤくんが釣ったアルビノ?!のピライーバ。

 

今回持っていったタックル:

ロッドはスーツケースに入るのだけ持っていった。

Dear Monster MX-6(6ピース) / Monster Kiss
ステラC3000 /Shimano
PE4号

Dear Monster MX-7(6ピース) / Monster Kiss
カルカッタ コンクエスト 201 LEFT
PE3号
なまず用
Megaforce big fish travel rod(5ピース) / Daiwa
ソルティガ4500H / Daiwa
PE6号 セイヤくん製ワイヤーリーダー

IMG_1662

ルアーはこの48手!実際でかいルアーは使わなかった。

 

メモ:

クロックス・お菓子必須。雨が古いと寒いので防寒着。
ある程度、キャスティングで飛距離がでるロッドを持っていったほうがよかった。
小さいフローティングルアーはピーコックでよく使うし、よく壊れるので数があったほうがいい。
ガイアナみたいなところに行っても魚はバシバシ釣れるわけではない。(笑

BLOG

TODAY'S RANKING

  1. 『ちょっとでもカッコイイお父さんでいられるように』宇野薫(格闘家) 2009.6.8 16:12
  2. [converse]が放つ新レーベル「TimeLine」のポテンシャル。 2014.9.1 10:12
  3. 『天然素材をとことん楽しむ』小林節正(.......リサーチ デザイナー) 2009.11.22 14:36
  4. EYESCREAM.JP Suit Style:男は黙ってスーツでしょ。 2012.3.30 19:10
  5. [G-Star RAW]の新たな革新。「RAW for the Oceans」とは 2014.9.5 09:18

FEATURE

140826_JW_081

スラムダンク王、ジョン・ウォールが来日!  INTERVIEW&EVENT REPORT

main

NIT – 生活様式の中に溶け込む上質なデイリーウェア -

main

[G-Star RAW]の新たな革新。「RAW for the Oceans」とは

INTERVIEW

eyecatch2

人気DJのエクスクルーシヴMIXを毎月配信! 『EYESCREAM.JP Mix Archives』#41 DJ Highschool feat. CENJU

eyecatch

人気DJのエクスクルーシヴMIXを毎月配信! 『EYESCREAM.JP Mix Archives』#40 Dr.Nishimura

SHOP RANKING

top

先週の売れ筋ランキング – FREAK’S STORE HARAJUKU編

SNAP

detail7

一週間スナップ #255 早川雄介(FREAK’S STORE Press) 12月21日(日)分

EYESCREAM.JP

SHOP